ラクトフェリン情報アーカイブ

学術論文については、PubMedなどのオンラインデータベースで情報がかなり容易に入手できるようになっておりますので、ここでは趣向を変えて、英文データベースの検索では絶対にヒットしない雑誌記事の紹介をします。

【最新】
日本ラクトフェリン学会学術集会プロシーディング

日本ラクトフェリン学会第6回学術集会実行委員会 編集
「ラクトフェリン2015」(ラクトフェリン機能の解明から利用にむけたグランドデザインの構築)
日本医学館(2015年7月)
ISBN976-4-89044-798-5

  "Lactoferrin researchers descend on Nagoya Castle”
Alexander DB, Vogel HJ, Tsuda H.
Biochem Cell Biol. 95(1):1-4 (2017)
http://www.nrcresearchpress.com/doi/full/10.1139/bcb-2017-0009

バックナンバーはこちら

その他の雑誌

New Food Industry vol.59, No.1 (2017)(食品資材研究会)
pp. 21-28.
「乳由来の鉄結合蛋白質ラクトフェリンの皮膚に対する多面的な機能」
(燻R喜晴)
http://www.newfoodindustry.com/information/cn11/cn33/pg453.html


ミルクサイエンス vol.65, No 3 (2016)
pp. 227-234
「乳タンパク質ラクトフェリンとラクトパーオキシダーゼの口腔衛生分野への応用」
中野学、若林裕之、山内恒治、阿部文明(森永乳業(株))
http://www.jdta.or.jp/jdsa/journal.html


月刊JMS (Japan Medical Society、菊医会) 2016年12月号(vol. 240) pp. 42-47.
「超高齢社会でのラクトフェリン活用」
日本ラクトフェリン学会第7回学術集会/2016年度臨床ラクトフェリン研究会 合同大会
開催/ 2016年10月30日、昭和大学旗の台校舎
http://j-m-s.co.jp/archives/date/2016?cat=5


薬理と治療 (Jpn. Pharmacol. Ther) vol.44, no.9, 1347-1360 (2016)
「ラクトフェリン含有食品が健常な成人の免疫グロブリンA分泌能、腸内環境および睡眠感に与える影響―無作為プラセボ対照二重盲検比較試験―」
上崎聖子1、今中宏真1、水道裕久1、近藤澄夫2、諏訪淳1、松本元伸1
1サンスター、2医療法人健昌会 福島健康管理センター)
http://www.lifescience.co.jp/yk/yk16/ykj1609.html

月刊JMS (Japan Medical Society、菊医会) 2016年6月号(vol. 234)

pp. 42-47.
「日本ラクトフェリン学会セミナー」の紹介
(開催/ 2016年5月18日、東京ビッグサイトにおける第21回国際食品素材/添加物展・会議および第14回ヘルスフードエキスポ(ifia JAPAN2016)/HFE JAPAN2016)にて)
http://j-m-s.co.jp/archives/date/2016?cat=5

  毎日新聞 2016年3月27日
ヘルシーリポート「ラクトフェリン 免疫力維持、整腸作用も」
日本ラクトフェリン学会事務局
http://mainichi.jp/articles/20160327/ddm/010/100/005000c

畜産技術(2016年1月号)第728号  公社)畜産技術協会刊

p44 「ラクトフェリン(用語解説)」高山喜晴
http://jlta.lin.gr.jp/publish/chikusan/chiku_back/H28(2016).html#01

ミルクサイエンスvol.63, No.1(2014)

pp.35-40
「第11回国際ラクトフェリン学会―情報化が進んでも学会に参加する本質的意味は―」
桑田英文(NRLファーマ)
http://www.jdta.or.jp/jdsa/journal.html

デンタルダイヤモンド2013年12月号 (第38巻16号)

pp.137-148.
「歯科医院におけるラクトフェリンの効果的な活用」小林幸隆(こばやし歯科医院)
http://www.dental-diamond.co.jp/item/539

家畜診療 vol.60, No.10(2013)

pp.597-602
「乳牛の潜在性乳房炎におけるラクトフェリン加水分解物の治療効果と免疫動態」
松浦優(ちばNOSAI連)、田中秀和(ちばNOSAI連)、榮憲一(麻布大学)、菊佳男(農研機構・動物衛生研究所)、河合一洋(麻布大学)
http://nosai.or.jp/nosai/modules/pico/index.php?content_id=155

ミルクサイエンスvol.62, No.3(2013)

pp.85-104
「乳中の塩基性タンパク質の物理化学的および生化学的特性に関する研究」
川上浩(共立女子大学大学院)
pp.105-109
「ラクトフェリンの生体防御作用に関する研究」
織田浩嗣(森永乳業(株))
pp.111-118
「鉄・ラクトフェリンの形成における性質と鉄強化食品素材としての応用」
上野宏(雪印メグミルク(株))
pp.153-158
「乳・乳成分に期待される新規機能―特にストレス緩和機能について」
小林敏也(雪印メグミルク(株))
http://www.jdta.or.jp/jdsa/journal.html

Food Style 21(日本食品化学新聞社)2013年17巻6号pp.70-71

「ラクトフェリンのノロウイルスなどへの感染防御作用」
新光一郎・若林裕之(森永乳業(株))
https://www.foodchemicalnews.co.jp/page/fs21.html


ミルクサイエンスvol.62, No.2(2013)

pp.29-37
「ラクトフェリンに夾雑する成分のプロテオーム解析」
川上浩(共立女子大学)ほか
http://www.jdta.or.jp/jdsa/journal.html


酪農ジャーナル2013年7月号 (酪農学園大学刊)pp.15-17

「乳に多く含まれるタンパク質ラクトフェリンの多面的な機能」(高山喜晴)
http://selp.net/za/cgi/syousai/s201307.htm

日本補完代替医療学会誌vol.9, No.2 (2012) 

pp.121-128
「ラクトフェリン含有食品の摂取による風邪、胃腸炎への影響―アンケート調査―」
織田浩嗣、中野学、若林裕之、山内恒治、樋田知宏、岩附慧二(森永乳業)
松本哲哉(東京医科大学)
http://www.jcam-net.jp/shoseki/kaishi/kaishi-9-2.html

ミルクサイエンスvol.61, No.2(2012)

pp.105-113
「機能性食品素材としての鉄・ラクトフェリンの応用」上野宏(雪印メグミルク株式会社)
pp.125-140
「生体内に受容体をもつ乳タンパク質の生物学的意義」(ラクトフェリンレセプ ターに関する総説)川上浩(共立女子大学)
pp.141-148
「国内外でのラクトフェリン研究集会と最近の研究動向」島崎敬一 http://www.jdta.or.jp/jdsa/journal.html

ラクトフェリンの基礎知識―第2版
全24頁(2012年4月)
森永乳業(株)食品基盤研究所編

乳業ジャーナル 2012年4月号 pp.43-45

「ラクトフェリンの機能性(続)」島崎敬一
http://www.nyugyo.co.jp/nyugyo_journal/

乳業ジャーナル 2012年3月号 pp.18-19

「ラクトフェリンの機能性」島崎敬一
http://www.nyugyo.co.jp/nyugyo_journal/

“Lactoferrin and its Role in Wound Healing”
「 創傷治癒におけるラクトフェリンの機能」
by TAKAYAMA , Yoshiharu(高山喜晴)
2012 by Springer
http://www.springer.com/biomed/book/978-94-007-2466-2
ISBN 978-94-007-2466-2
e-ISBN 978-94-007-2467-9
DOI 10.1007/978-94-007-2467-9

「スーパーサプリメントの世界」

安藤邦雄(NRLファーマ)
2012年発行 (株)パレード(発売 星雲社)
ISBN 978-4-434-16412-5

  九州歯科学会誌 vol.62, No.2(2009)pp.253-256

「多機能タンパク ―ラクトフェリン―」
中島啓介(九州歯科大学)
http://www.ab.auone-net.jp/~kdsk/bknb.html

臨床検査vol.52, No.4, 459-466(2008.04)

「ラクトフェリンによる口腔症状の緩和」
玉置幸道ほか(昭和大学歯学部)
http://ej.islib.jp/ejournal/top-04851420-52-4.html

臨床検査vol.52, No.4, 459-466(2008.04)

「ラクトフェリンによる口腔症状の緩和」
玉置幸道ほか(昭和大学歯学部)
http://ej.islib.jp/ejournal/top-04851420-52-4.html

“Immune System Control: Colostrum & Lactoferrin”

by Beth M. Ley
2000 by BL Publications (Detroit Lakes, MN)
ISBN 1-890766-11-9

日本歯科評論2011年12月号 pp.141-142

「ラクトフェリンの応用とその可能性/完 作用部位と作用機序」高倉南津子
http://www.hyoron.co.jp/in/dentalreview/dr_/dr_2011/dr_1112.html

日本歯科評論2011年11月号 pp.95-96

「ラクトフェリンの応用とその可能性/第3回 口腔内疾患以外での応用」高倉南津子
http://www.hyoron.co.jp/in/dentalreview/dr_/dr_2011/dr_1111.html

日本歯科評論2011年10月号 pp.151-152

「ラクトフェリンの応用とその可能性/第2回 口腔内での役割」 高倉南津子
http://www.hyoron.co.jp/in/dentalreview/dr_/dr_2011/dr_1110.html

日本歯科評論2011年9月号 pp.165-166

「ラクトフェリンの応用とその可能性/第1回 基本的概要と国際学会のトピック」高倉南津子
http://www.hyoron.co.jp/in/dentalreview/dr_/dr_2011/dr_1109.html

月刊デンタルダイヤモンド2011年5月号 pp.127-136

「臨床例からラクトフェリンの実効を探る」小林幸隆(こばやし歯科医院)
http://www.dental-diamond.co.jp/shop/items/411

乳業技術 Vol. 60, pp.9-22(2011)

「ラクトフェリンの保健機能」織田浩嗣、村田麻衣、山内恒治(森永乳業)
(財)日本乳業技術協会 http://www.jdta.or.jp/

化学と生物 Vol. 49, No. 1(2011)

pp.15-21「ラクトフェリンによる脂質代謝の制御」小野知二、村越倫明(ライオン)
http://www.jsbba.or.jp/02/kaseiindex.html

「機能性タンパク質・ペプチドと生体利用」
日本栄養・食糧学会(監修)
岡 達三・二川 健・奥 恒行(責任編集)建帛社(2010)
ISBN978-4-7679-6150-7  3,600円+税

pp.93-124「ミルクタンパク質ラクトフェリンの生態調節機能とそのメカニズム」島崎敬一

DHstyle 2010年10月号 pp.19-21(デンタルダイヤモンド社)

「ラクトフェリンを取り入れたPMTC」小林幸隆・奥山明香(こばやし歯科医院)
http://www.dental-diamond.co.jp/shop/items/380

酪農ジャーナル 2009年12月号(酪農学園大学刊)

「ミルクのサイエンス(12)ラクトフェリンと鉄・ラクトフェリンの生理機能」吉瀬蘭エミリー、堂迫俊一
http://selp.net/za/cgi/syousai/s200912.htm


日本医事新報 No.4464 (2009年11月14日)日本医事新報社刊

pp.74-75 一週一話「ラクトフェリンと脂質代謝」島崎敬一
http://www.jmedj.co.jp/magadetail.jsp?goods_id=1625


日本歯科評論2009年2月号 pp.154-156

「ラクトフェリンの口腔領域への応用」於保孝彦(鹿児島大学)
http://www.hyoron.co.jp/in/dentalreview/dr_/dr_2009/dr_0902.html

ブレインテクノニュース No.130 (2008年11月15日)生研センター刊

pp.1-5「ラクトフェリンの構造・機能とその利用」島崎敬一

pp.6-9「ウシラクトフェリンと骨芽細胞による骨様組織の形成」高山喜晴((独)農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所)


食品工業 Vol. 51, No. 12(2008 年6月30 日号)

pp.26-31「アポラクトフェリンと終末糖化産物(AGEs)」井上浩義

ミルクサイエンス「乳業技術」号、vol.56, No.4(2008)pp.199-208

「腸管免疫と乳タンパク質」山内恒治、久原徹哉(森永乳業株式会社)
http://www.jdta.or.jp/jdsa/journal.html

Biological functions of Lactoferrin: Basic Research and Applications (4th edition)森永乳業(株)栄養科学研究所編 (日本語版もあり)

編集責任 島崎敬一

日本ラクトフェリン学会学術集会
(ラクトフェリンフォーラム)プロシーディング


日本ラクトフェリン学会第5回学術集会実行委員会 編集
「ラクトフェリン2013」(ラクトフェリン研究の更なる跳躍を目指して)
日本医学館(2013年10月)

日本ラクトフェリン学会第4回学術集会実行委員会 編集
「ラクトフェリン2011」(ラクトフェリン研究の新たな発展を期して)


第3回ラクトフェリンフォーラム
ラクトフェリン2009について


第2回ラクトフェリンフォーラム
ラクトフェリン2007について


第1回ラクトフェリンフォーラム
ミルクサイエンス VOL.53 NO.4 219-376 特集号 (2004)
日本酪農科学会 CODEN:MISAFD ISSN 1343-0289